フリーコンサル向け、コンサル案件とは - コンサル案件の特徴

フリーコンサル向け、コンサル案件とは

フリーコンサルに向けたコンサル案件とは、いわゆるコンサルタントとしてのお仕事の募集になります。
その特徴は、1年以上の長期案件もありますし、1か月程度の短期案件もあり、ピンポイントの業務となることもあります。
つまり何のために、いつまで、どういう仕事をお願いするのか、ある程度決まったうえで受注済みの状態で募集されることが多いです。

そのため、正社員とは異なり、その期間、お願いされた業務だけをピンポイントにこなすお仕事となります。
具体的にどのようなお仕事になるか、それで必須となるスキルは何か、すべて募集要項や面接時に説明されますから、そのときに確認しておくことが大事です。
プロジェクトが開始となったら、依頼されたそのお仕事をこなすことになります。

1回あたりのお仕事期間ですが、短いものでは2~3か月となる案件も珍しくありません。
コンサルタントのお仕事は、特定の業務(PMO、BPR、戦略立案、SAP)について行うことが多くなります。
この業務を必要とするのは、限られた期間がほとんどですが、運用のように長期にわたって3か月更新で行うものもあります。
職場に新しいシステムを導入するため、それに詳しいフリーコンサルを募集するときなど、 コンサルの力を必要とするのは、そのシステムを導入するときとその運用で必要となるでしょう。

その期間・業務に限って、フリーコンサルを募集する例が多いため、それほど長い取引になるとは限りません。
たとえば先の新システムの導入や運用にかかるコンサルを依頼した場合、2~3か月もあれば導入が終わり、運用も軌道に乗っていきますから、 それ以降は特にコンサルの力を必要としないわけです。
そのため、そこでプロジェクトが終了となることも多いですね。
このようにフリーコンサル向けのコンサル案件は、特定の業務に限った、プロジェクトになる例が多いです。