コンサル案件で得られる年収 - コンサル案件の特徴

コンサル案件の特徴 > コンサル案件で得られる年収

コンサル案件で得られる年収

コンサル案件は基本的に誰かに専門的な業務の指導などを行うものになりますから、どちらかといえば専門性の高いお仕事となります。
そうなると年収も高くなりそうですよね。
その傾向は確かにあります。
コンサル案件は単価が高く、1つでもきちんとこなせれば、他のフリーランス向けの案件に比べてずっと効率よく収入を得られます。
そのため、コンサル案件をどんどんこなせれば、年収が1000万円を超えることもあるでしょう。
高い年収を目指すときに有利なのは、コンサル案件の特徴です。

ただし、コンサル案件を少しでもこなせれば、必ず高い年収が約束されるわけではありません。
この案件は、特定の業務に限った、短期間のお仕事が多く、継続して案件を獲得していく必要があります。
なにかのシステムの導入や運用、特定の分野の新規ビジネスの戦略立案など、依頼される業務は限られていますし、よほど大掛かりなプロジェクトでない限り、1年以上の契約になることも少ないです。

よくあるのは、その特定の業務に限った、2~3か月ほどのプロジェクトですね。
つまり1つのコンサル案件を請け負えたらその直後の数か月は高収入を得られるものの、その後の収入を得られるかどうかは、またその後の案件の募集具合によるということです。
もし年間で1件しかコンサル案件を得られなかった場合、少なくともそのコンサル案件による年収は、それほど高くならないことも多いです。

このようにコンサル案件は、単価面では高い年収を得るのに有利ですが、これで具体的に年収がいくらになるかは、そのときどきの案件の状況などによります。
この点は他の分野の案件と変わらない部分ですから、高い年収を得たいならどんどん案件をこなしていくことが大事です。