コンサル案件の単価 - コンサル案件の特徴

コンサル案件の特徴 > コンサル案件の単価

コンサル案件の単価

コンサル案件の単価はいくらになるのでしょうか?
具体的な値段は各案件によって違うのですが、その単価の相場は基本的に高めです。
100万円以上の報酬となる案件も珍しくはありません。

この100万円というのは、月単価です。
コンサル案件のお仕事期間は案件単位で異なりますが、そのお仕事を問題なくこなせている場合は、1か月単位で約束の報酬が支払われます。
具体的にいくらかは各案件によって違うわけですが、それが100万円以上となる場合も多いわけですね。

もちろんすべての案件で月収が絶対に100万円以上となるわけではありません。
中には100万円未満の報酬となる案件もありますが、それでも50万円以上の単価にはなっていることがほとんどです。
50万円を下回る単価のコンサル案件は、あまり多くはありません。
仕事内容自体が高度なものになるわけですから、このようにコンサル案件の単価は基本的に高めです。

ただし、それだけに高度なお仕事を要求されるのも、これら案件の特徴です。
募集条件として必須のスキルや経験が指定されることも多いですね。
さらに、それらスキルや経験があれば誰でもいいわけではなく、その上での実際のお仕事ぶりに応じて報酬は調整される案件も多いです。

コンサルタントというお仕事はアルバイトのように決められた時間で収入が決まるお仕事ではなく、どちらかといえば弁護士などのように案件単位の取り決めとその成果によって収入が決まります。
単価は基本的に高めですが、期待されていた成果を出せなかった場合、途中に契約変更(覚書)となり、報酬がやや下がる場合もありますから、この点は気を付けてください。
期待通りのお仕事をどんどんこなせている場合、高い単価のお仕事をどんどんこなせ、高い収入を得られます。