コンサル案件・PMO案件とは - コンサル案件の特徴

コンサル案件の特徴 > PMO案件とは

コンサル案件・PMO案件とは

コンサル案件の中でよく見つかる案件がPMO案件です。
この案件の特徴は、プロジェクトの進捗管理、品質管理、課題管理、ベンダーコントロールなど様々なものになります。
そもそもPMOとは、プロジェクトの進行や管理をする部署やプロジェクト内容になります。

これがコンサル案件としてよく見つかるのは、それだけ大規模なシステム構築案件では難しい仕事内容になるからです。
PMO関連の仕事とは具体的にどんなものかというと、たとえばプロジェクトのスケジュールを立案したり、そのプロジェクトのゴールを設定したり、 関係各所への連絡や調整を行ったりといったことです。

このような仕事内容はプロジェクトの成功に必須で、高いレベルでこなすのが望ましいでしょう。
プロジェクトの企画、構想自体は素晴らしくても、それのスケジュール管理が適切にできないと、商機を逃したり、経費がかさみ過ぎて赤字を出したりします。
そのようなことがないように、誰かが適切にマネジメントしないといけません。
そうすることで関係部署や取引相手が自分の仕事に集中でき、高いパフォーマンスを発揮してプロジェクトが成功しやすくなります。

このようなお仕事内容になるのですが、プロジェクトの内容自体が非常に高度なレベルになることも多いですし、 プロジェクトが成功するようにマネジメントするのは、口で言うほど簡単ではありません。
だからこそ、サポート要員の1人としてコンサルタントがよく募集されます。
そのため、コンサル案件の中でこのPMO案件は主要な案件の1つとなっているのです。

各案件で具体的にどんな業務内容になるかは、案件によってかなり違います。
社内チームに入って社内リーダーの補佐する案件もあれば、顧客、ベンダーを巻き込んでのファシリテーションを行う場合もあります。
詳細は案件ごとに確認が必要です。