コンサル案件・エンジニア案件とは - コンサル案件の特徴

コンサル案件の特徴 > エンジニア案件とは

コンサル案件・エンジニア案件とは

エンジニア案件も、コンサル案件の中で見つかる分野の1つです。
これは基本的な仕事の内容はコンサル、上流工程SEのなのですが、その分野がエンジニアの領域に重なるのが特徴です。
たとえば新システムを導入し、社内のメンバーが使えるようにするのは、どちらかといえばエンジニアの仕事となります。

しかしエンジニアはシステム自体の専門家で、すでに決定したシステムの導入の手順やその実行は担当できますが、そもそもどのシステムを導入すればいいのかといった、経営判断に関わる問題は、専門外となるのが普通ですよね。
そのような判断も含めて行うのが、これらコンサル案件の中でのエンジニア案件です。

こちらでよくあるのは、システム面の構築や改善について、助言や指導を行うというもの。
いわばその会社の中にどのシステムを導入し、どう運用するのが業績改善につながるのか、その全体の設計図を作る仕事です。
これらはコンサルとしての基本業務となりますね。

しかし分野はエンジニアが専門となるシステム面の話になりますから、そのコンサル自身もある程度のエンジニアとしての知識や経験が必要です。
それら経験から、その会社に必要なシステムや、最適な導入方法・運用方法などを助言できます。
これら業務内容を総合的に求められるのが、エンジニア案件の特徴です。

また、普通のエンジニアでは対応できない部分として、そのシステムを導入する一連の過程をマネジメントする場合もあります。
非常に高度なシステムを導入したり、そのシステムが複数の部署にまたがったものになったりすると、全体を統括している担当者がいないと、システムの導入や変更がスムーズにいかないことも多いです。
エンジニア案件では、このようなマネジメント業務を含むこともあるのも特徴ですね。